17.10 - 使用上の注意 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表では、RUN FILEコマンドを使用する際に考慮する必要のある事項について説明します。

RUN FILEコマンド使用上の注意
対象 使用上の注意
システム コンソール/標準入力デバイスの指定 システム コンソール/標準入力(stdin)デバイスのfileid指定としてはアスタリスク(*)文字を使用してください。
システム コンソールとは次のいずれかです。
  • 対話モードのキーボード
  • バッチ モードの標準入力デバイス

キーボードや標準入力デバイスについての詳細は、ファイルの要件を参照してください。

z/OS fileidの使用上の注意 DDNAMEを指定すると、FastExportは指定ソースからデータ レコードを読み取ります。
DDNAMEは、以下の場合を除いて、Teradata SQL列名と同じ構成規則に従う必要があります。
  • 「アット」(@)はアルファベット文字として使用できます。
  • 下線(_)は使用できない。

DDNAMEは、外部システムに適用可能な規則に従う必要があります。シーケンシャル(VSAM)データ セットを参照できます。

DDNAMEが磁気テープ上のデータ ソースを表わす場合、オペレーティング システムのサポートに応じて、テープはラベル付きとラベルなしのどちらかになります。

RUN FILEコマンドの実行 FastExportは、RUN FILEコマンドを実行すると、指定ソースから追加コマンドを読み取ります。LOGOFFコマンドまたはファイルの終わり条件のどちらか先に発生した方が検出されると、この操作は終了します。
ファイルの終わり条件が検出されると、FastExportは自動的に、以前のアクティブなソースからコマンドとDML文の読み取りを再開します。
  • SYSIN (z/OSの場合)
  • stdin(通常または宛先変更済み)UNIXおよびWindowsオペレーティング システムの場合
FastExportがユーザー指定の呼び出しパラメータを処理した後も、SYSIN / stdinはアクティブな入力ソースのままです。
ネストされたRUNコマンド RUN FILEコマンドが指定したソースは、RUNコマンドの入れ子を16レベルまで指定できます。