17.10 - 例2: IF、ELSE、およびENDIF - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例では、&TABLEという表とCREATERCという変数を作成し、これにCREATE TABLE文の実行結果のシステム戻りコードを設定します。.SET CREATERC TO &SYSRC;

.SET CREATERC TO &SYSRC;
.IF &CREATERC = 3803 /* Table &TABLE exists */ THEN;
.RUN FILE RUN01;
.ELSE;
.IF &CREATERC <> 0 THEN;
.LOGOFF &CREATRC;
.ENDIF;
.ENDIF:

表名がすでに使用されていて、戻りコードが0でない場合、戻りコードはエラー条件として評価され、ジョブはエラー コードを表示してログオフします。