17.10 - Oracle Solarisを実行しているSPARCシステム - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Solarisを実行しているSPARCクライアント システム上で、ソース ファイルをコンパイルし連係して、INMODルーチン、OUTMODルーチン、または通知出口ルーチンの共有オブジェクト モジュールを生成するためには、以下の構文を使用します。

コンパイルの構文



次のような場合に当てはまります。

cc
ネイティブUNIX Cコンパイラを起動するプログラムを呼び出します。
-dy
ダイナミック リンクを使用するように指定します。
-G
共有オブジェクトを作成するように指定します。
-KPIC
位置独立コードを生成するコンパイラ オプションです。
-m64
64ビット共有ライブラリを構築するためのフラグ
sourcefile.c
INMOD、OUTMODまたは通知出口ルーチンのソース ファイルのUNIXファイル名です。
-o
出力ファイル名を指定します。
shared-object-name
共用オブジェクト ファイルの名前
これは、次のものとして指定する名前です。
  • FastExportジョブ スクリプトのIMPORTのINMOD modulenameパラメータ
  • FastExportジョブ スクリプトのEXPORTコマンドのOUTMOD modulenameパラメータ
  • FastExportジョブ スクリプトのBEGIN EXPORTコマンドのNOTIFYオプションのEXIT nameパラメータ (構文を参照)。
shared-object-nameには、任意の有効なUNIXファイル名を使用できます。