17.10 - 構文 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)


次のような場合に当てはまります。

OUTFILE fileid
クライアント システム上のデータ宛先ファイルです。
ファイルは、クライアント システムDDまたは同等の文で指定されます。
  • UNIX OSおよびWindowsでは、fileidはファイルのパス名です。

    パス名に空白文字が埋め込まれている場合、パス名全体を単一引用符または二重引用符で囲む必要があります。

    パス名が単一引用符で囲まれていて、その中に単一引用符が埋め込まれている場合は、埋め込まれた単一引用符よりも先にエスケープ文字(単一引用符)を指定する必要があります。同様に、パス名が二重引用符で囲まれていて、その中に二重引用符が埋め込まれている場合は、埋め込まれた二重引用符よりも先にエスケープ文字(二重引用符)を指定する必要があります。

  • z/OSでは、fileidはDDNAMEです。
AXSMOD name
データをエクスポートするために使用されるアクセス モジュール ファイルの名前です。これらのアクセス モジュールには以下の項目が含まれます。
  • Teradata Access Module for OLE DB:Windowsプラットフォームではoledb_axsmod.dll
  • Teradata Access Module for JMS:
    • すべてのサポートされているUNIX プラットフォームの場合、libjmsam.so
    • Windowsプラットフォームの場合、libjmsam.dll
カスタム アクセス モジュールを使用する場合は個人共有ライブラリのファイル名を使用できます。
ワークステーション接続またはメインフレーム接続のクライアント システムにあるディスク ファイル、またはメインフレーム接続のクライアント システムにある磁気テープ ファイルをインポートする場合には、AXSMODオプションは必要ありません。必要になるのは、ネットワーク接続クライアント システム上の磁気テープまたは他のタイプのファイルからインポートする場合です。
’init-string’
[任意選択]アクセス モジュール用の初期設定文字列です。
OUTMOD modulename
[任意選択]エクスポート データ処理用のユーザー作成ルーチンです。
z/OSでは、modulenameはロード モジュールの名前です。UNIXおよびWindowsプラットフォーム上では、OUTMOD実行可能コード ファイルのパス名です。
FastExport/OUTMODルーチン インターフェースで説明したように、FastExportは、指定プロシージャに6つのパラメータを提供します。
モジュールが現在のディレクトリにある場合、UNIXオペレーティング システムのバージョンによっては、OUTMOD modulenameの前に./という接頭辞を追加しなければならない場合があります。
MODE…
クライアント システムに戻されるエクスポート データのフォーマット モードです。次の2種類のモードがあります。
  • INDICATOR
  • RECORD
MODEオプションを指定しない場合のデフォルトはINDICATORモードです。
FastExportでは、フィールド モードはサポートされていません。フィールド モード データをエクスポートするためには、SELECT文で適切なフォーマット句を使用し、データベースで応答データを文字フォーマットに変換できるようにします。
FORMAT...
ワークステーション接続システム上のエクスポート ファイルのレコード形式です。以下のオプションがあります。
  • FASTLOADは、各レコードが、レコード終了マーカー(X'0A'またはX'0D')を伴なう、2バイト整数nとそれに続くnバイトのデータであることを指定します。
  • BINARYは、各レコードが、2バイトの整数 nとそれに続くnバイトのデータであることを指定します。
  • TEXT。各レコードはクライアント セッション文字セットの任意の文字数で構成され、後に次のいずれかのレコード終了記号が続きます。
    • UNIXプラットフォームでは、改行文字(UnicodeではLINE FEED U+000A)です。
    • Windowsプラットフォームの場合、2文字の連続復帰文字とこれに続く改行(Unicodeでは、それぞれCARRIAGE RETURN U+000DおよびLINE FEED U+000Aとして識別されます)
    UTF16以外のクライアント セッション文字セットの場合、レコード終了記号バイト シーケンスは以下のようになります。
    • UNIXプラットフォームでは、X'0A'です
    • Windowsプラットフォームでは、X'0D0A'です。
    UTF16クライアント セッション文字セット(この文字セットでは、各文字が2バイトでエンコードされます)の場合、レコード終了記号バイト シーケンスは以下のようになります。
    • ビッグ エンディアンのUNIXプラットフォームでは、X'000A'
    • リトル エンディアンのUNIXプラットフォームでは、X'0A00'
    • Windowsプラットフォームでは、X'0D000A00'です。
    TEXT形式は文字データに対してだけ指定する必要があります。バイナリ データ(INTEGER、BYTEINT、PERIODなど)にTEXT形式を指定しないでください。バイナリ データの実バイト値により、予期しない結果が発生することがあります。
  • UNFORMATは、各レコードが、クライアントで変更されることなくCLIv2から受け取ったデータのままエクスポートされることを指定します。
FORMATオプションは、UNIXおよびWindowsプラットフォームだけに適用されます。
FORMATオプションを指定しない場合のデフォルトはFASTLOADです。
  • TEXTレコード形式の使用時のINDICATORSモードは推奨しません。UNFORMATTEDを代わりのレコード形式として使用してください。
  • TEXTデータには、すべてのCHARデータ型またはANSIDATEデータ型が必要です。
BLOCKSIZE integer
クライアントにデータを返すときに使用する最大ブロック サイズ。

デフォルトのブロック サイズは64Kバイトです。最大サイズは64Kです。

FastExportのEXPORTコマンドのBLOCKSIZE指定は、64Kを超えることはできません。FastExportで、1MBのPERM行がサポートされていないためです。
OUTLIMIT records
出力クライアント ファイルに書き込まれる最大応答レコード数です。
この数に達したら、次のメッセージがプリント出力ファイルに出力され、応答データの処理が終了します。
 Output limit of n exceeded.
MLSCRIPT fileid
生成したMultiLoadスクリプト ファイルの宛先ファイルです。
MLSCRIPTオプションを指定すると、FastExportはMultiLoadスクリプト ファイルを生成します。このスクリプトを後ほど使用すれば、エクスポート データをデータベースに再ロードして戻すことができます。
ファイルは、クライアント システムDDまたは同等の文で指定されます。
  • UNIX OSおよびWindowsでは、fileidはファイルのパス名です。
  • z/OSでは、fileidはDDNAMEです。
デフォルトでは、MLSCRIPTオプションを指定しない場合は、FastExportユーティリティはMultiLoadスクリプト ファイルを生成しません。
  • 指定したfileidがすでに存在している場合は、上書きされます。
  • FastExportは、データベースから受信したフィールド サイズと型に基づいたMultiLoadスクリプトのレイアウトを生成します。DATEFORMコマンドでANSIDATEが使用されている場合のように、DATE型は、CHAR ()型に変更される必要があります。データをロードするためにスクリプトを書き込む場合でも、固定長のCHARデータ型に変換する必要があります。
Teradata FastExporで拡張オブジェクト名が使用されている場合、生成されるMultiLoadスクリプト ファイルのU&構文に列名は含まれません。MultiLoadジョブを正常に実行するには、ユーザーがU&構文を追加する必要があります。
例えば、Teradata FastExportはU&"c1#FF43#FF11"UESCAPE'#'という列を使用します。
作成されるMultiLoadスクリプトは次のとおりです。
Teradata MultiLoadを適切に機能させるには、c1c1をU&"c1#FF43#FF11"UESCAPE'#'に変更する必要があります。
.LAYOUT DATAIN_LAYOUT INDICATORS;
.FIELD c1c1 1 INTEGER;
.FIELD c2 5 CHAR(20);

.DML LABEL INSERT_DML;
INSERT INTO &DBASE_TARGETTABLE..&TARGETTABLE (
 c1c1 = :c1c1
,c2 = :c2
);
PAD
埋め込み機能は、Z/OSプラットフォームでのみ使用できます。
PADに指定できる値は、NULLSとBLANKSの2つです。NULLSを指定すると、レコードはNULLSで埋め込まれます。BLANKSを指定すると、レコードはBLANKSで埋め込まれます。
デフォルト値は、BLANKSです。