17.10 - FastExportのサポート アクティビティのコマンド - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

サポート用のコマンドは、データベースとのFastExportセッションを確立し、FastExportユーティリティの動作のサポート環境を定義します。確立されたサポート環境オプションは、サポート用の別のコマンドがこれを変更するまで有効です。サポート用のコマンドは、FastExportのタスクを指定しません。

次の表に、サポートアクティビティを実行するFastExportコマンドを示します。

FastExportのサポート アクティビティのコマンド
FastExportのコマンド 機能
ACCEPT 1個以上のユーティリティ変数の値をファイルまたは環境変数から受け入れます。
DATEFORM FastExportジョブのDATEデータ タイプ指定の形式を指定します。
DISPLAY 指定された宛先にメッセージを書き込みます。
ELSE (IF、ELSE、およびENDIFを参照) 先行するIF条件が偽である場合に実行されるコマンドと文を導きます。
ENDIF (IF、ELSE、およびENDIFを参照) 直前のIFまたはELSE条件に従属するFastExportコマンドのグループを区切ります。
IF (IF、ELSE、およびENDIFを参照) 後続のコマンドの実行を開始する条件式を導きます。
LOGOFF すべてのアクティブ セッションを切断し、FastExportを終了します。
LOGON FastExportによって確立されたセッションをすべて接続する際に使用されるLOGON列を指定します。
LOGTABLE FastExportのチェックポイント情報を収める再始動ログ表を指定します。
ROUTE MESSAGES FastExportの出力メッセージの代替出力先を識別します。
RUN FILE ユーティリティ コマンドおよびTeradata SQL文の現在のソースとして、指定された外部ファイルを呼び出します。
SET ユーティリティ変数にデータ型と値を割り当てます。
SYSTEM FastExportの動作を中断し、有効なローカル オペレーティング システム コマンドを実行します。