17.10 - z/OSの例 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の手順では、メインフレーム接続のz/OSクライアント システムでFastExportを呼び出します。

//FEXPRUN JOB 1,'FASTEXPORT',
//                              MSGCLASS=X,
//                              NOTIFY=FEXP,
//*                             TYPRUN=SCAN,
//                              CLASS=A
/*ROUTE PRINT TSO
//**************************************************
//*                                                *
//* FASTEXPORT PROC *
//*                                                *
//**************************************************
//*
//FEXP    PROC PRM=,INPUT=
//FEXPSTP     EXEC PGM=XPORT,PARM='&PRM'
//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=TERADATA.APPLOAD
//         DD DISP=SHR,DSN=TERADATA.TRLOAD
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//OUTFILE  DD DCB=(NCP=20,RECFM=VB,LRECL=1024,BLKSIZE=32009),
//SYSIN    DD DISP=SHR,DSN=&INPUT
//         PEND
//**************************************************
//*                                                *
//* RUN FASTEXPORT *
//*                                                *
//**************************************************
//FEXPRUN EXEC PROC=FEXP
//FEXPSTP.SYSIN DD DATA,DLM=##
.
.
.
FastExport commands
.
.
.
//OUTPUT DD SYSOUT=*

FastExportは出力レコードを自動的にブロック化するわけではありません。出力をブロックする必要がある場合は次の操作を行ないます。

  • データ制御ブロック(DCB)のレコード フォーマット(RECFM)パラメータにブロック化データ(例えば、FB)を指定します。
  • DCBのBLOCKSIZEパラメータでブロックのサイズを指定します。

入出力のパフォーマンスを上げる(それと引き換えに記憶域の使用量が増えます)には、JCL内の出力DCBでネットワーク制御プログラム(NCP)パラメータの値を大きくします。NCPの最大値は99です。余分に必要とする記憶域の大きさは、NCPの値に出力デバイスのブロック サイズを乗じた大きさです。