17.10 - 構文 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)


次のような場合に当てはまります。

ECHO
fileid指定による追加宛先です。
例えば、ECHOキーワードを使用すれば、端末への書き込み中にメッセージをファイル(fileid2)内に捕捉するよう指定できます。
ECHO OFFを指定すると、前に設定されているECHOの出力先の追加ファイル指定が取り消されます。
fileid1 and fileid2
外部システムでのメッセージの代替出力先です。
  • z/OSでは、fileidはDDNAMEです。
  • UNIX OSおよびWindowsでは、fileidはファイルのパス名です。

    パス名に空白文字が埋め込まれている場合、パス名全体を単一引用符または二重引用符で囲む必要があります。

    パス名が単一引用符で囲まれていて、その中に単一引用符が埋め込まれている場合は、埋め込まれた単一引用符よりも先にエスケープ文字(単一引用符)を指定する必要があります。同様に、パス名が二重引用符で囲まれていて、その中に二重引用符が埋め込まれている場合は、埋め込まれた二重引用符よりも先にエスケープ文字(二重引用符)を指定する必要があります。

    パス名に単一または二重引用符が含まれている場合、パス名はそれらの引用符で囲まれていなければなりません。

fileid1およびfileid2 の各パラメータで同じ宛先を指定すると、各宛先でメッセージが複製されます。