17.10 - プログラミング構造体 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の各節で示すように、INMOD、OUTMOD、通知出口の各ルーチンごとに、プログラミング構造体は異なります。

INMODルーチン

次の表に、FastExportとINMODルーチン間での通信に対応したプログラミング言語構造をリストします。

INMODルーチンのプログラミング構造体
INMODルーチンの言語 プログラミング構造体
アセンブラ 第1パラメータ:
RRECORD  DSECT
RTNCODE  DS   F
RLENGTH  DS   F
RBODY    DS   CL32004

第2パラメータ:

IPARM    DSECT
RSEQ     DS   F
PLEN     DS   H
PBODY    DS   CL100
C 第1パラメータ:
struct {
         long Status;
         long RecordLength;
         char buffer[32004];
       }

第2パラメータ:

struct {
         long  seqnum;
         short parmlen;
         char  parm[80];
       }
COBOL 第1パラメータ:
01 INMOD-RECORD.
     03 RETURN-CODE PIC S9(9) COMP.
     03 RECORD-LENGTH PIC 9(9) COMP.
     03 RECORD-BODY PIC X(32004)

第2パラメータ:

01 PARM-STRUCT.
     03 SEQ-NUM PIC 9(9) COMP.
     03 PARM-LEN PIC 9(4) COMP.
     03 PARM-BODY PIC X(80).
PL/I 第1パラメータ:
DCL 1 PARMLIST,
      10 STATUS FIXED BINARY(31,0)
      10 RLENGTH FIXED BINARY(31,0)
      10 REC CHAR(32004)

第2パラメータ:

DCL 1 PARMLIST,
      10 SEQNUM FIXED BINARY(31,0)
      10 PLENGTH FIXED BINARY(15,0)
      10 PBODY CHAR(80)

各構造体の中では、データ フィールドの左から右の順序が、FastExportのLAYOUTと後続のFIELDおよびFILLERの各コマンドで指定したフィールド名の順序に対応するようにレコードを構成しなければなりません。

OUTMODルーチン

FastExportとOUTMODルーチン間の通信に対応した構造では、以下のパラメータに標準C呼び出し規約を使用します。

  • int *code;
  • int * stmtnum;
  • int *InLen;
  • char * InBuf;
  • int *OutLen;
  • char *OutBuf;

通知出口ルーチン

FastExportと通知出口ルーチン間の通信に対応した構造は、ルーチンの生成の「サンプル通知出口ルーチン」に示されているように、FXNotifyExitParm構造のポインタです。