17.10 - 使用上の注意 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表では、ACCEPTコマンドを使用する場合に考慮すべき事柄について説明します。

ACCEPTコマンド使用上の注意
対象 使用上の注意
システム コンソール/標準入力デバイスの指定 システム コンソール/標準入力(stdin)デバイスの指定で、fileid指定にアスタリスク(*)文字を使用できます。

システム コンソールとは次のいずれかです。

  • 対話モードのキーボード
  • バッチ モードの標準入力デバイス

キーボードや標準入力デバイスについての詳細は、ファイルの要件を参照してください。

z/OS fileidの使用上の注意 DDNAMEを指定すると、FastExportは指定ソースからデータ レコードを読み取ります。

DDNAMEは、以下の場合を除いて、Teradata SQL列名と同じ構成規則に従う必要があります。

  • 「アット」(@)はアルファベット文字として使用できます。
  • 下線(_)は使用できない。

DDNAMEは、外部システムに適用可能な規則に従う必要があります。シーケンシャル(VSAM)データ セットを参照できます。

DDNAMEが磁気テープ上のデータ ソースを表わす場合、そのテープには、オペレーティング システムによるサポートに従って、ラベル付けの有無を決めることができます。

ソース ファイルのレコード制限 指定ソースから受け入れられるのは、単一のレコード、行、または入力行です。ACCEPTコマンドが変数を取得するファイルには、レコードが常に1つしか入っていないようにします。
複数の変数のコーディング 複数の変数をコーディングすると、各変数には引用符付き文字列に含まれていない最初のスペース文字までの入力テキストが順番に割り当てられます。
入力テキストの区切り 数値の入力テキストを区切ることができるのは、スペース文字またはレコード境界だけです。

文字列の入力テキストはアポストロフィで囲まれていなければなりません。例えば、以下のACCEPTコマンドを満たすデータ レコードには、2つのフィールドが含まれていなければなりません。

.Accept age, name from file info;

以下の例に示されている2つのサンプル データ レコードのうち、最初のレコードは正しいです。しかし、2番目のレコードは間違っています。

32  ’Tom’
32   Tom
変数の数 リストされる変数の数が使用可能な応答の数より多い場合、未使用の変数は未定義(ヌル)のまま残ります。すべての応答を保持できるだけの数の変数がない場合、FastExportは警告メッセージを発行します。