行の形式 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/qja1608578437326.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/qja1608578437326.ditaval
dita:id
B035-2410
Product Category
Teradata Tools and Utilities

z/OSおよびUNIXの各クライアント システムの例では、Region、ProdCode、Quantity、およびPriceの各行を選択します。

応答データをRegionとProdCodeを基準に整列してから、これを標識モード形式で返します。したがって、応答レコードは、データベース上のTranLogTableの行に、先行標識バイトを加えた形式として定義されます。

それぞれの応答行は20バイトで、以下のものから構成されています。
  • Indicator Flags: 1バイト
  • Region: 3バイト
  • ProdCode: 8バイト
  • Quantity: 4バイト
  • Price: 4バイト

OUTMODの例では、FastExportユーティリティは、各応答レコードをChkTranというクライアント プロシージャに渡します。このプロシージャは、選択されたトランザクション レコードを修正し、ついで各レコードを削除するか、またはクライアント データセットに書き込むかをFastExportに通知します。

Windowsの例の場合は、これとは異なります。