17.10 - リレーショナル モデル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-01-13

データベース管理で使用するリレーショナル モデルは、集合の数学理論の概念に基づいたものです。基本的には、集合の理論により、表が関係(リレーション)として定義されます。行の数を関係の基数(カーディナリティ)といい、列の数を関係の次数(degree)といいます。関係についての数学的操作は十分に定義されているので、リレーショナル データベースの表の操作により、予測可能な一定の出力が作成されます。

これに対して、階層、ネットワーク、またはオブジェクト指向アーキテクチャを元にしたデータベース管理プロダクトは、厳密な論理的基盤に基づいて構成されてはいません。したがって、このようなプロダクトの動作は、リレーショナル プロダクトのようには予測可能ではなく、柔軟性もありません。

データベース内のSQL最適化ルーチンは、要求されたデータに対する最も効率的なアクセス経路を構築します。最適化ルーチンは、アクセス経路を再構築することにより、プログラマが介入しなくても簡単にシステム変数の変更に対応することができます。データベースの定義やデータ デモグラフィックは変わることがあるため、この順応性が必要になります。