17.10 - メインフレーム接続システム用のTeradata CLIv2 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13

メインフレーム接続システム用のTeradata CLIv2は、IBMメインフレーム クライアント上でアプリケーションとTeradata Director Program(TDP)との間のインターフェースを提供する、呼び出し可能なサービス ルーチンの集合体です。メインフレーム接続システム用のTeradata CLIv2は、顧客情報管理システム(CICS)、情報管理システム(IMS)、IBM System z Operating Systemといった、あらゆるバージョンのIBMオペレーティング システムとともに動作可能です。

メインフレーム接続システム用のTeradata CLIv2は、要求をTDP経由でサーバーに送り、サーバーからの応答をクライアント アプリケーションに提供します。メインフレーム接続システム用のTeradata CLIv2では、以下の機能がサポートされます。

  • 1つのセッション内で逐次実行される複数要求を管理する
  • 同一または別のサーバーとの同時セッションを管理する
  • 連携処理を使用することにより、アプリケーションの操作をクライアントとサーバーの両方に対して同時に実行できるようにする
  • アプリケーションの大部分を、サーバーとの細々とした通信から切り離す