17.10 - 外部UDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-01-13

外部UDFを使用すれば、ユーザー独自の関数をC、C++、またはJavaプログラミング言語で記述し、それらをデータベース上に導入してから、標準のSQL関数と同様に使用できます。

サード パーティ ベンダーの外部UDFオブジェクトまたはパッケージを導入することもできます。

Teradata Databaseでは、次の3つのタイプの外部UDFをサポートしています。

UDTのタイプ 説明
集約 集約関数は、要約の結果を生成します。スカラー関数との相違は、グループ化されたリレーショナル データのセットを取得して、グループごとに作用し、グループに対する1つの結果を返す点です。標準的なSQL集約関数の例は、AVG、SUM、MAX、MINです。
スカラー スカラー関数は、入力パラメータを取得して、単一の値の結果を生成します。標準的なSQLスカラー関数の例は、CHARACTER_LENGTH、POSITION、TRIMです。
表関数は、SELECT文のFROM句で呼び出され、文に対して表を返します。