17.10 - SQLストアド プロシージャの構成要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-01-13

SQLストアド プロシージャは、以下に挙げる要素の一部またはすべてで構成されます。

構成要素 説明
SQL制御文 入れ子形式または非入れ子形式の複合文。
制御宣言
  • 完了条件および例外条件に対応する、DECLARE HANDLER文による条件処理機能。以下の条件処理機能が使用可能です。
    • CONTINUEまたはEXITタイプ。
    • 定義対象は、特定のSQLSTATEコード、汎用例外条件のSQLEXCEPTION、または汎用完了条件のNOT FOUNDおよびSQLWARNING。
  • DECLARE CURSOR文またはFOR繰り返し文によるカーソル宣言。

    カーソルは、更新可能と読み取り専用のどちらのタイプも使用可能です。

    また、カーソルは、結果セット カーソルとして、ストアド プロシージャで実行されたSELECT文の結果を呼び出し側やクライアント アプリケーションに返すこともできます。

  • DECLARE文によるローカル変数宣言。
SQLのトランザクション文 DDL文、DCL文、DML文、SELECT文(多少の例外はあるが、動的SQL文も含まれる)。
LOCKING修飾子 サポートされているすべてのSQL文(CALL以外)を持つもの。
注釈 大括弧( [ ] )で囲んだ注釈、および単純な注釈。
大括弧で囲んだ注釈を入れ子にすることはできません。

詳細については、<SQLアプリケーションとしてのSQLストアド プロシージャ>を参照してください。