17.10 - Database Object Use Count - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13

データベース管理者やアプリケーション開発者は、Database Object Use Countを使用することによって、アプリケーションがオブジェクトを参照した回数を捕捉できます。

Database Object Use Countでは、以下のオブジェクトについてカウントを捕捉します。
  • データベース
  • 索引
  • ビュー
  • マクロ
  • Teradata Databaseストアド プロシージャ
  • トリガー
  • ユーザー定義関数

オブジェクト使用アクセス情報は、EXPLAIN、ISNERT EXPLAIN、DUMP EXPLAIN文ではカウントされません。

捕捉された情報は、古くなったり使用されていなかったりする可能性のあるデータベース オブジェクト(特に、貴重なディスク領域を大量に占有しているオブジェクト)を特定する目的で利用できます。さらに、このDatabase Object Use Countの情報は、データベース問合わせ分析ツールで役立ちます。