17.10 - 資源利用データのロギングの制御方法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseで、資源利用データのロギング頻度を設定する方法はいくつか用意されています。制御パラメータの設定を通して、次の処理を指定できます。

  • データのロギング頻度を指定する
  • 資源利用データのロギングを表単位で有効または無効にする
  • データの要約を有効または無効にする
  • アクティブな行フィルタを有効または無効にする

ロギング頻度は、資源利用データが資源利用表に記録される頻度です。

資源利用情報のロギングを設定する場合は、SET LOGTABLEコマンドを使用できます。ロギングが有効にされている表に対して、ロギング間隔ごとに、システムによって資源利用表にデータが挿入されます。資源利用表に収集された統計情報を使用して、システムのボトルネックを分析し、過度なスワッピングやシステム負荷の不均衡状態を調べることができます。