17.10 - ワークステーション接続システム用のTeradata CLIv2 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ワークステーション接続システム用のTeradata CLIv2は、TCP/IP接続のクライアントおよびTeradata Databaseサーバー上でアプリケーション間のインターフェースを提供する、Teradata独自のAPIおよびライブラリです。ワークステーション接続システム用のTeradata CLIv2で以下のことができます。

  • Micro Teradata Director Program (MTDP)がマイクロ オペレーティング システム インターフェース(MOSI)を使用してTeradata Databaseに送るためにパッケージ化するパーセルを作成する
  • アプリケーションとTeradata Databaseの間のすべての対話を管理する
  • アプリケーションに対して、Teradata Databaseから返されるデータ行を指すポインタを提供する

MTDP

MTDPは、ワークステーション接続システム用のTeradata CLIv2とMOSIとの間のインターフェースです。MTDPの機能には、以下のようなものがあります。

  • セッションの開始と終了
  • ロギング、検証、回復、再始動
  • サーバーとの物理的な入出力
    MTDPはセッション バランシングを制御しません。ワークステーションに接続されたシステムでのセッション バランシングは、サーバー上のTeradata Databaseによって制御されます。

MOSI

MOSIは、MTDPとTeradata Databaseとの間のインターフェースです。MOSIは、Teradata Databaseにアクセスするクライアント間におけるオペレーティング システムの独立性を提供するサービス ルーチンのライブラリです。MOSI では、ワークステーションに接続されたすべてのプラットフォームで実行するために必要なバージョンの MTDP は 1 つだけです。