17.10 - 用法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13

外部ストアド プロシージャを開発、コンパイル、導入、使用する手順の概要を以下に示します。

  1. プロシージャ用のC、C++、またはJavaコードの記述、テスト、デバッグを行ないます。
  2. Javaを使用している場合は、外部ストアド プロシージャ用のクラスまたはクラス群をアーカイブ ファイル(JARまたはZIP)内に配置し、SQLJ.INSTALL_JAR外部ストアド プロシージャを呼び出して、アーカイブ ファイルをデータベースに登録します。
  3. 外部ストアド プロシージャに対するCREATE PROCEDUREまたはREPLACE PROCEDUREを使用して、外部ストアド プロシージャ用のデータベース オブジェクトを作成します。
  4. GRANTを使用して、外部ストアド プロシージャの使用を許可するユーザーに権限を付与します。
  5. CALL文を使用してプロシージャを呼び出します。