17.10 - 拡張アカウント列 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

拡張アカウント列(ASE)は、AMP使用率とI/Oについての統計情報を収集できるようにするメカニズムです。ASEでは、アカウント文字列の性能の監視がサポートされます。

システムは、ユーザー/アカウント文字列の組について集積した統計情報を、データ ディクショナリ内のDBC.Acctg表の行として格納します。この情報には、DBC.AMPUsageVビューを使用してアクセスできます。

ユーザー/アカウント文字列の組ごとに、新しく統計情報のセットが作成され、行が1つ追加されます。容量計画時、または課金/会計ソフトウェア内で、この情報を使用できます。

ASEを最も緻密に設定した場合、個々のSQL要求について要約行を生成することが可能です。また、ユーザーごと、セッションごと、または特定ユーザーの毎日の活動の集約について行を生成するように、ASEに指示することもできます。

ASEを使用して、ユーザー ログオン列のアカウントIDの部分に日付/時間情報を挿入する置換変数を使用することができます。この変数の実際の値は、Teradata SQLの実行時に挿入されます。