17.10 - ロードおよびアンロードのユーティリティ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradataのロードおよびアンロード ユーティリティは、バッチからリアルタイムに至るあらゆるデータ ロード要件を管理するための強力なソリューションを提供します。Teradataのロードおよびアンロード ユーティリティは、完全な並列処理によって、Teradata Databaseの内外にあるデータを取得するための最適でスケーラブルなパフォーマンスを実現します。さらに、メインフレーム ホスト データベース、エンタープライズ サーバー データベース、部門別データ マートなどの、ホスト ベースやクライアント常駐のデータ ソースとの間でデータをインポート/エクスポートすることができます。次の表に、Teradataのロードおよびアンロード ユーティリティについての説明を示します。

ユーティリティ 説明
Basic Teradata Query (BTEQ) Teradata Databaseと通信できるようにする、汎用のコマンド ベースのツール。BTEQは、SQL文の実行、データのインポート/エクスポート、およびレポートの生成を行なうための対話形式およびバッチ形式のインターフェースを提供します。
Teradata FastExport 大量のデータをTeradata Databaseから読み込む手段。
Teradata FastLoad クライアント ファイルから空の表への、データの高速ロード。
Teradata MultiLoad 既存の表に対する挿入、更新、削除といった、データの高速保守。
Teradata Parallel Data Pump(TPump) 表の連続更新。複数の表に対して同じ情報源を使用して、挿入、更新、削除の操作、またはこれらの操作の組み合わせを実行します。
Teradata Parallel Transporter 
(Teradata PT) Teradata Database内にあるアクセス可能な任意の表との間、またはアクセス オペレータかアクセス モジュールが存在する他の任意のデータ ストアとの間で、データのロードとアンロードを行なうための手段。
Teradata Parallel Transporterアプリケーション プログラミング インターフェイス(Teradata PT API) Teradata Databaseシステムとの間でデータをロードまたはアンロードするための一連のプログラミング インターフェース。Teradata PT APIによって、アプリケーションは、Teradata独自のロードおよびエクスポート プロトコルを使用してTeradata Databaseにアクセスできます。Teradata PT APIはクライアント アプリケーションの一部となる機能ライブラリであるため、これにより、ロード プロセスやアンロード プロセスで高度な制御が可能になります。