17.10 - クリーク - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

クリークは、一部のMPPシステムの機能であり、共通のディスク アレイ装置に多重ポート接続でアクセスするノード群を物理的にグループ化するものです。ノード間のディスク アレイはFibreChannel(FC)バスで接続されます。

FCの経路を使用することで冗長構成が可能となり、プロセッサ ノードやディスク制御装置が使用不可能になった場合でも、データの可用性が制限されることはありません。ノードによって共有されるのは、データではなくディスク アレイへのアクセスであることに注意してください。ここではディスク アレイへのアクセスだけが共有されます。次の図は、4ノードのクリークを示しています。



クリークは、ノード障害後に、PDE下のvprocの移動をサポートするメカニズムです。クリーク内のノードに障害が生じた場合には、vprocは、同じクリーク内の別のノードに移され、ホーム ノードで回復処理が行なわれている間も動作し続けます。vprocの詳細については、仮想プロセッサを参照してください。

TPAホスト型の物理的なチャネル接続を管理するPEは、移動することができません。PEが、割り当てられているノードに物理的に接続されたハードウェアに依存するためです。

ワークステーションへのTCP/IP接続用のPEは、すべてのAMPと同様に、ノード障害の発生時に移動されます