17.10 - ユーティリティ管理 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13
FastLoad、 MultiLoad、 FastExportなどのロード ユーティリティは、SQLリクエストの管理方法と同じように管理できます。つまり、以下に基づいてスロットル制限を使用してワークロード定義に分類します。
  • ユーティリティ名
  • 「Who」基準(ユーザー、アカウント、クエリー バンドなど)
  • 「Where」基準(データベース、表、ビューの名前)(Archive/Recoveryでは使用不能)
例えば、以下のように指定できます。
  • ユーザーAが同時に実行できるFastLoadジョブの数は2つまで
  • データベースXYZに対して一度に実行できるMultiLoadジョブは1つだけ
さらに、 Viewpointのポートレットである「ワークロード管理」を使用して、ロード ユーティリティが使用できるセッションの数を制御するルールを定義できます。セッション構成ルールを作成するためには、以下の基準の中から最低1つを指定します。
  • ユーティリティ名(必須)
  • データ サイズ
  • 「Who」基準(ユーザー、アカウント、クライアント アドレス、クエリー バンドなど)

次に、基準が満たされたときに使用されるセッションの数を指定します。

例えば、以下のように指定できます。
  • Joeが実行依頼した独立型のMultiLoadジョブに対しては10セッション
  • WebAppというアプリケーションからのJDBC FastLoadに対しては4セッション
セッション構成ルールを作成していない場合や、現在実行中のユーティリティがルール基準を満たさない場合、「ワークロード管理」は、自動的にデフォルトのセッション ルールを使用して、以下の基準に基づいてセッションの数を選択します。
  • ユーティリティ名
  • システム構成(AMPの数)
  • 任意選択のデータ サイズ