17.10 - SELECT文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13

SELECTは、最もよく使用されるSQL文です。取得するデータが含まれている表の列、対応するデータベース(現在のデフォルトのデータベースと異なる場合)、そのデータベース内で参照する必要がある表(複数可)を、SELECT文で指定します。

結果データ セットの返し方や返されるデータの順序およびフォーマットも、SELECT文で指定します。

SELECT文とともに次のようなオプション、リスト、句を併用して、Teradata Databaseのデータを要求することができます。このリストは、すべてを列挙したものではありません。

  • DISTINCTオプション
  • FROM句
  • WHERE句(副問合わせを含む)
  • GROUP BY句
  • HAVING句
  • QUALIFY句
  • ORDER BY句
    • CASESPECIFICオプション
    • 国際的な整列順序
  • WITH句
  • 問合わせの式および集合演算子

埋め込みSQLやストアド プロシージャで使用されるオプションに、SELECT INTO文があります。この文では、表から最大1行が選択され、その行の値が埋め込みSQLのホスト変数や、Teradata Databaseのストアド プロシージャのローカル変数またはパラメータに割り当てられます。