17.10 - トリガーの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13

トリガーを使用すると、以下のような操作を実行できます。

  • 対象となる表にトリガーを定義して、その表に対して実行するUPDATE、INSERT、MERGE、およびDELETE文が、他の表に伝播することを保証する。
  • 会計を監査できる。例えば、従業員が10%を超える昇給を受け取ったときに、ログ表へのINSERT文を実行するようにトリガーを定義できます。
  • 営業時間中に大量のUPDATE、INSERT、MERGE、またはDELETEが行なわれないようにする。
  • しきい値を設定する。トリガーを使用すると、例えば、店舗ごとに各アイテムの在庫数のしきい値を設定し、在庫水準がしきい値を下回ったときに自動的に発注が行なわれるようにしたり、1日の販売量が見込みに達しないときに自動的に価格が変更されるようにしたりできます。
  • トリガーを使用してSQLストアド プロシージャおよび外部ストアド プロシージャを呼び出す。