17.10 - カーソル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13

SQLは集合演算向きの言語であるため、従来のアプリケーション開発言語で結果表を処理するためには、中間的なメカニズムが必要です。そのメカニズムがカーソルです。

カーソルは、アプリケーション プログラムで結果表内を移動するために使用するポインタです。

SELECT要求でカーソルを宣言し、そのカーソルをオープンします。カーソルをオープンすることにより、SQL要求が実行されます。

各行は、FETCH INTO文によって個別に取り出され、ホスト変数に書き込まれます。アプリケーションでは、このホスト変数を使用して計算を行ないます。

カーソルは、SQL問合わせでアクセスされる最初の行をマークしたりタグ付けしたりするために、Teradataプリプロセッサ2で使用されます。プリプロセッサ2は、必要に応じてカーソルを繰り上げます。

SQLストアド プロシージャでは、次のカーソルが使用されます。

  • 結果行を1行ずつ取り出すカーソル。その後、各行の必要に応じてSQL文およびSQL制御文を実行します。ストアド プロシージャのローカル変数またはパラメータを、計算に使用できます。
  • ストアド プロシージャで実行されたSELECT文の結果を呼び出し側やクライアント アプリケーションに返す結果セット カーソル。