17.10 - Teradata Active System Management - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata Active System Management (TASM)は、システム表とログを含む製品セットであり、互いにやり取りするほか、共通のデータ ソースとも通信します。これにより、システム管理における以下の4つの主要分野の自動化が容易になります。
  • 作業負荷管理
  • 性能調整
  • 容量計画
  • 性能監視

慎重に計画すれば、TASMにより、作業負荷管理と性能を改善し最適化することが可能です。また、応答時間を改善し、重要な作業の応答時間を一定のものにすることも可能です。そうすれば、DBAの労力を緩和できます。

TASMの主要な製品と構成要素

次の表に、TASMの主要な製品と構成要素のいくつかについての説明を示します。

製品/構成要素 説明
Teradata Viewpoint ユーザーが以下のことをできるようにします。
  • フィルタ ルール、スロットル ルール、問合わせのクラスを定義するルール(作業負荷定義)の作成
  • システム資源を監視するイベントの作成
オープンAPI アプリケーションから呼び出されるインターフェース。ユーザー定義関数(UDF)と外部ストアド プロシージャを使用して、SQLインターフェースをPMPCに提供します。

作業負荷管理アプリケーション プログラミング インターフェースを参照してください。

クエリー バンド ユーザー アプリケーションまたは中間層のアプリケーションで定義される名前と値の組のセット。クエリー バンドによって、ユーザーは、SQLインターフェースを使用してセッションやトランザクションにIDのタグを付けることができます。

クエリー バンドの詳細については、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184およびTeradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093を参照してください。

資源利用モニター TASM関連のデータ収集を含む、データ収集のサブシステム。資源利用の監視を参照してください。