17.10 - トリガー起動のタイミング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-01-13

下表に示すように、トリガー起動のタイミングを指定できます。

指定するタイミング トリガー アクション
トリガー起動前 トリガーを起動するイベントが完了する前に実行される。

ANSI/ISO SQL規格の仕様に従い、BEFOREトリガーのトリガー アクションにデータ変更文を組み入れることはできません。

トリガー起動後 トリガーを起動するイベントの完了後に実行される。
ストアド プロシージャをサポートするために、AFTERトリガーの本体ではCALL文を使用できます。ストアド プロシージャは、行トリガーと文トリガーのどちらからも呼び出すことができます。

ある要求がトリガーを起動したことによって、別のトリガーが起動される場合があります。このように、トリガーを起動するイベントの結果が、別のトリガーになる場合もあります。Teradata Databaseでは、システム性能を最大にするために、トリガーで起動される文とトリガーを起動する文が並列に処理され、最適化されます。