17.10 - ジャーナリング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-01-13

Teradata Databaseでは、ジャーナル用の表がサポートされています。ジャーナルとは、ある種の活動の記録です。Teradata Databaseでは、数種類のジャーナルがサポートされます。システムが自ら実行するジャーナルもありますが、それ以外のジャーナルの実行を指定することも可能です。

Teradata Databaseのジャーナル機能について、以下の表で説明します。

ジャーナルのタイプ 実行内容 実行のタイミング
障害AMP回復
  • AMPに障害が発生した場合にのみ活動状態になる。
  • フォールバック表のみのジャーナル。
  • AMPの修復後にAMPの回復に使用され、その後は破棄される。
常時
一時
  • トランザクションのBEFOREイメージを記録する。
  • ユーザーまたはシステムによりアボートされた、障害が発生したトランザクションをロールバックする場合に使用される。
  • 以下の項目が記録される。
    • トランザクションの開始/終了の標識
    • UPDATE文とDELETE文の場合、「Before(更新前)」の行イメージ
    • INSERT文の場合、行ID
    • CREATE文、DROP文、DELETE文、およびALTER文の場合、制御レコード
  • それぞれのイメージは、それが記述する行と同じAMPに保管される。
  • トランザクションまたはロールバックが完了した時点で、イメージは破棄される。
常時
永久
  • 表またはデータベース用に利用可能である。
  • ロールバックを可能にする更新前イメージかロールフォワードを可能にする更新後イメージ、または更新前と更新後の両方のイメージを組み込むことが可能である。
  • ロールフォワード回復を提供する。
  • ロールバック回復を提供する。
  • フォールバックなしの表を完全に回復する。
  • 表全体のアーカイブの頻度を少なくする。
ユーザーが指定する。