17.00 - 17.05 - ANSIセッション モードでのトランザクション処理 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ANSIモードでは、トランザクションは常に暗黙的に開始され、明示的に閉じられます。

次のいずれかが生じると、トランザクションが開始します。

  • セッション中の最初のSQLリクエストの実行
  • 前のトランザクションを閉じた後の最初のリクエストの実行

COMMIT文またはROLLBACK/ABORT文はトランザクションを閉じます。

トランザクションにDDL文が含まれている場合(DATABASEおよびSET SESSIONもこのコンテキストではDDL文と見なされ、この範疇に入る)、その文は、トランザクションを閉じる文を除き、トランザクション内の最後の文でなければなりません。

リクエスト内でエラーが検出されると、そのリクエストはアボートされます。通常、トランザクション全体がアボートされるわけではありませんが、トランザクション全体のアボートを招く失敗もあります。エラー文が設定したロックは解除されません。

ANSIモードのセッションは、BEGIN TRANSACTION/END TRANSACTION文をサポートしません。