17.00 - 17.05 - Teradataクラッシュダンプ形式 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
PDEは最初にローPDEダンプにデータを書き込み、この情報は次のいずれかの形式で保存されます(または保存できます)。
  • DBC.Crashdumpsデータベース内のテーブル
  • 別のシステムに移動したり、Teradataサポートセンターに直接アップロードしたりできるフラット ファイル(ストリーム ファイルと呼ばれます)

CSP SAVE dumpコマンドには、"source"と"target"の2つのオプションが必要です。-sourceのデフォルトの形式は"dump"(PDEダンプ ディレクトリ)で、デフォルトの-targetは"table"(DBC.Crashdumpsデータベース)です。

詳細については、CSP pdehelpを参照してください。SAVEコマンドの例については、手動でのTeradataクラッシュダンプのCrashdumpsデータベースへの保存を参照してください。手動でのTeradata Crashdumpsのストリーム ファイルへの保存も参照してください。