17.00 - 17.05 - スキューが発生しやすいシステム テーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • ジャーナル テーブルは、空き領域から、必要なスプールとその他の一時ストレージを確保します。一般的な処置は、PERMの一定量をデータベースに割り当てることです。しかしこれが使用されることはありません。これにより、ジャーナルなどのための空き領域が確保されます。ユーザーのジャーナル テーブルがスキューであるとき、問合わせを実行すると、エラーが発生します。ユーザーは、システムにジャーナル領域が必要であるが、確保できないことが認識できます。
  • DBC.AccessRightsテーブルは、スキューが発生することでよく知られています。このテーブルが大きくなりすぎると、スペースの制限に突然影響します。このスキューを減らすには、冗長行を削除して、DBC.AccessRightsをクリーンアップする、または使用ロールを変換してから、その時点の冗長行を削除します。
  • DBC.AccLogTblテーブル。Vantageは、ログ対象と定義したユーザーが、オブジェクトへのアクセスを試行するたびに、少なくとも1エントリを生成します。このテーブルは、非常に大きくなることがあり、大量のディスク領域を消費します。
  • リソースの使用状況のログ テーブルや問合わせログ テーブル。実際のDBCテーブルからデータを一時ステージング テーブルに、究極的には、分析またはアーカイブ用の履歴テーブルに、毎日アンロードすることを検討します。

プライマリ インデックスが適切に設計されていない場合や、統計が収集されていないために最適化ルーチンが古いデータを使用している場合には、どんなテーブルでもスキューが発生する可能性があります。一般的に、確実な前兆は、特に単一のAMPで、1つ以上の問合わせから、多くの保守を実行する場合です。これが発生すると、問合わせを追跡し、他のスキュー処理と同様に扱う必要があります。