17.00 - 17.05 - テーブル間のCollectTimeStamp値の比較 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

すべてのDBQLテーブルで、CollectTimeStampは問合わせサイクルのさまざまなポイントで取り込まれます。このため、テーブルの比較にCollectTimeStampフィールド値を使用しないでください。

代わりに、DBQLogTbl.StartTimeフィールド、またはDBQLogTbl.FirstRespTimeに基づいて1つまたは複数の問合わせを選択し、QueryIDフィールドに基づいて、その行と他のテーブルを結合します。

DBQLキャッシュが書き込まれる時期によっては、特定のQueryIDのすべての行がディスクに同時にフラッシュされない場合があります。これは、DBQLの行をDBC領域から、一時データベース、履歴データベース、またはアーカイブ データベースにオフロードする場合に生じます。 特定のQueryIDの一部の行はその後もDBC DBQLテーブルに記録されますが、一部の行はデータベースに移動します。