17.00 - 17.05 - 領域のタイプについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

領域(永久、スプール、一時)は、バイト単位で測定します。3種類のデータベース領域を次の表に示します。

領域の種類 説明
永久(PERM) ユーザーまたはデータベースに割り当てられる固定領域は、テーブル、インデックス、ジャーナルなどのデータベース オブジェクトによって使用されるリポジトリです。固定領域は、固定量として定義したり、定数式として定義したりできます。 

オブジェクトが作成される、またはデータ行が挿入される際に、必要に応じて、直接所有者のPERM領域から領域が割り振られます。領域は、必要がなくなったときに、自動的に返されます。

ユーザーまたはデータベースに割り当てられ、現在未使用の固定領域は、スプール領域または一時領域に利用されます。

固定領域のないデータベースやユーザーでも、ビューやマクロ、トリガーの所有は可能です。しかしテーブル、UDF、ストアド プロシージャ、HI、JI、ジャーナルなどの領域を要求するオブジェクトを所有することはできません。

スプール スプール領域は、問合わせに対する中間結果やフォーマット済の応答セット、および揮発テーブルを保持します。システムは、割り当てられていないPERM領域をスプール領域に使用します。

ユーザーが新しいユーザーまたはデータベースを作成した場合、これらの新しいオブジェクトに対するスプール領域の容量は、直接所有者のスプール領域制限を超えてはなりません。スプール領域制限を指定しない場合、新しいユーザーは親のスプール制限を自動的に継承します。

より簡単にスプール領域を管理するためには、スプールの値をプロファイルに定義します。プロファイルをユーザーに割り当てることで、複数ユーザーにスプール領域の定義を継承することができます。

一時(TEMP) 一時領域は、グローバル一時テーブルのデータを保存するために使用するバイト数を定義します。作成時に指定する値は、直接の親の値を超えてはいけません。値を指定しない場合、デフォルトで親と同値が最大値として定義されます。
グローバル一時テーブルは、PERM領域とTEMP領域の両方を必要とします。データベース/ユーザーには各AMPでグローバル一時テーブルヘッダーを格納するのに十分な固定領域がある必要があります。テーブル ヘッダー サイズはテーブル定義によって異なり、テーブル ヘッダーの最大サイズは1 MBです。一時領域は、実際の行を格納するために必要です。

より簡単にTEMP領域を管理するためには、その値をプロファイルに定義します。プロファイルをユーザーに割り当てることで、複数ユーザーにTEMP領域の定義を継承することができます。

領域は、Teradata SQLまたはTeradata Viewpoint管理ツールを使用して管理できます。