17.00 - 17.05 - Ferretユーティリティと同等のマクロ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

システム ユーティリティFerretを使用して領域の利用状況を参照することもできます。このユーティリティは、データベース コンソールから開始します。 システム レベルで領域の利用状況(固定、スプール、および一時)を表示するには、ShowSpaceコマンドを使用します。テーブルやサブテーブルのレベルで固定領域の割り当てを表示するには、ShowBlocksコマンドを使用します。

ShowBlocksコマンドは、DBC.TableSizeでは利用できないレベルの詳細情報を提供できます。例えば、ShowBlocksは"どのくらいの固定領域がセカンダリ インデックスに使用されますか?"という問いに答えることができます。ShowBlocksによりサブテーブルの領域情報も得られます。 一般的なブロック サイズにブロックの数を乗算すると、サブテーブルの領域の利用状況を判別できます。

Vantageには、情報を取得および表示する、Ferret SHOWコマンドに似た一連のファイル システム情報のマクロがあります。この情報が通常のデータベース テーブルに示されるため、これを簡単に共有および使用して、その先の処理を進めることができます。この情報を作成および表示するための権限も、標準のSQL GRANTやREVOKE権限文を使用して簡単に管理できます。これらのマクロの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数、B035-1210>の「ファイル システム情報のマクロと関数」を参照してください。