17.00 - 17.05 - ワークロード管理の必要性の判別 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

TASMワークロード管理パラメータを定義する前に、データベースの使用状況を評価する必要があります。目標は、パフォーマンス グループの割り当てやスケジューリングでは対応できないジョブ処理や問合わせの制限を行なう必要があるかどうかを識別することです。

  • Teradata Viewpoint測定基準ヒートマップ ポートレットを使用してデータベース アクティビティをモニターし、ワークロード全体の同時並行性やリソースの競合の可能性を把握する。測定基準ヒートマップ ポートレットについては、<Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206>を参照してください。
  • Teradata Viewpointクエリー モニター ポートレットとロック ビューア ポートレットを使用して、1日のさまざまな時点でのリソースの競合について研究し、ブロッキングと待機時間のパターンを把握する。
  • 任意選択でデータベース問合わせロギング(DBQL)機能を使用して、問合わせのパフォーマンスの詳細を判別する。DBQLによる処理動作の追跡については、BEGIN/REPLACE/END QUERY LOGGING文を参照してください。
  • 任意選択でResUsageSPSテーブルをモニターして、パフォーマンス グループ別のリソース使用情報を判別する。ResUsageSPSテーブルについては、<Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092>を参照してください。