17.00 - 17.05 - ビュー データベースの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の手順を使用して、ユーザーが必要とするすべてのビューとマクロを入れる1つ以上のビュー データベースを作成します。

  1. 任意のクライアント ツールを開始し、DBADMINユーザーとしてログオンします。
  2. 以下のデータベース パラメータの値を指定します。
    構文要素 説明
    Database Name ユーザーがアクセス可能なビューを格納するマスター データベースの名前。データにより簡単にアクセスできるようにするため、例えば次のように、さまざまな部門またはユーザー グループの要件に従って複数のビュー データベースを作成できます。
    • Finance_ViewsやPurchasing_Viewsなどの部門別のビュー。
    • Batch_User_ViewsやGeneral_User_Viewsなどのユーザー タイプ別のビュー。
    例えば次のように、機能層別のビュー データベースも作成できます。
    • 各ビューが1つのテーブルを反映する読み書きビューの層。これは、データ テーブルに直接アクセスせずにバッチ式ロードや更新を行なう場合に有用です。
    • 複数のテーブルからの関連情報を組み合わせるため、またはアクセスを制限するための、1つ以上のテーブルから選択された列を含む読み取り専用ビューの層。

    ユーザーの種類の説明については、ユーザーの種類を参照してください。

    Owner 必須。作成するオブジェクトを入れる領域を所有するユーザーまたはデータベースの名前。

    推奨事項: プライマリ管理ユーザーの名前DBADMINを入力します。これは前にデータベース管理者ユーザーのセットアップでセットアップしたものです。

    Permanent Space このデータベース内に作成される、領域を消費するオブジェクトを格納するために割り当てる、バイト単位または数値が得られる式で指定する固定領域。

    推奨事項:ビュー データベースはデータを入れることを目的としたものではありませんが、ビューにアクセスするストアド プロシージャの配置には最善の場所です。ストアド プロシージャ用に少量の固定領域(例えば100MB)を割り当てることができます。その後、MODIFY DATABASE文を使用して割り当てを調整できます。

    Spool Space 適用なし。ビュー データベースで実行される問合わせは、Spool_Reserveデータベースからスプール領域を取得します。
    Temp Space 適用なし。
    Account 適用なし。

    推奨事項:プロファイル レベルまたはユーザー レベルでアカウントを指定します。

    アカウントの使用の詳細については、アカウントの作業を参照してください。

    Default Journal 適用なし。

    推奨事項:ジャーナリングはビューに対しては指定しないので、適用なし。

    Comment 任意選択。データベースを説明するテキストを入力します。
    Before Journal 適用なし。
    After Journal 適用なし。
    FALLBACK オプション。フォールバックは、個別のミッション クリティカルなテーブル、またはサイズが大きいためテープや外部ディスクへタイムリーにバックアップできないようなテーブルに対してのみ必要です。このデータベースにはデータ テーブルのビューのみを収容します。
    フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。
    ここでは、最小推奨指定でViews_Databaseを作成する例を示します。追加のDBオプションは、初期のCREATE DATABASE文で指定するか、または、後でMODIFY DATABASE文を使用して追加できます。
    CREATE DATABASE "Views" FROM "DBADMIN"
    AS PERM = 0
    NO BEFORE JOURNAL
    NO AFTER JOURNAL;
  3. ビュー データベースへのアクセス権限を付与します(ビューのためのテーブル アクセス権限の作業を参照)。この手順の完了後、このセクションに戻って、残りのタスクを続行します。

参照情報

参照トピックは、トピックが現れる最初のステップ順に配列されています。

ステップ トピック 詳細に関するリソース
3
  • CREATE DATABASE
  • DELETE DATABASE
  • DROP DATABASE
  • MODIFY DATABASE
  • Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
  • Teradata Vantage™- SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184
SQLプロシージャの概要、およびそれらがデータベースにどのように格納されるか Teradata Vantage™ - SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148