17.00 - 17.05 - Visual EXPLAINユーティリティを使用した手順 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の手順を実行して、Visual EXPLAINを使用してクエリー キャプチャ データベースのテーブルとその他のデータベース オブジェクトを作成します。

Visual EXPLAINツールがない場合は、BTEQを使用する手順を参照してください。

  1. Visual EXPLAINを開始します。
  2. ツール メニューをブルダウンしてコントロール センターを選択します。
  3. QCDの管理タブを選択します。
  4. QCDのセットアップ ボタンを選択します。
  5. すべてのQCFデータベース オブジェクト(テーブルおよびマクロ)の作成ラジオ ボタンを選択します。
  6. 所有者選択ボックスにデータベース所有者の名前を入力します。
  7. 固定領域選択ボックスに固定領域パラメータを指定します。
  8. スプール領域選択ボックスにスプール領域パラメータを指定します。
  9. 要件に応じて、フォールバックチェック ボックスにチェック マークを付けます。
    フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。
  10. 作成ボタンを選択します。
  11. QCDテーブルを保護するため、そのデータを分析するユーザーに適切な権限を付与します。

    QCDにビューを作成することにより、追加の保護アクセスを実装できます。

  12. 適切なツールを使用してQCDテーブルにデータを取り込みます。
    • リクエスト計画をキャプチャするBEGIN QUERY CAPTUREリクエスト。

      この文の構文については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

    • 問合わせ計画をキャプチャするINSERT EXPLAINリクエスト。

      この文の構文については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

    • 必要に応じて、COLLECT DEMOGRAPHICS、COLLECT STATISTICS(QCD形式)、またはINSERT EXPLAIN … WITH STATISTICS。
    • インデックス分析用のワークロードを作成するワークロード マクロ。