17.00 - 17.05 - FastLoadについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

FastLoadを使用すれば、クライアントからVantageシステムへデータをロードできます。SI、JI、HI、RI (FK)、または列パーティション化が指定されてありません単一の空のテーブルに対して高速にロードできます。

FastLoadは、プライマリ インデックスのある、またはプライマリ インデックスのないAdvanced SQL Engineの空のテーブルに大量のデータをロードします。ただし、行サイズと列の数は、他のどんな要因よりもパフォーマンスに影響を与えます。

大きなテーブルをロードするときは、以下を考慮してください。

大きなテーブルをロードする場合 結果
フォールバックあり
  • フォールバック保護されない大きなテーブルのロードについての提案に従う。
  • フォールバック保護されないテーブルを作成する。
  • テーブルをロードする。
  • BTEQを使用してテーブルを変更し、フォールバック保護されるようにする。
フォールバックなし
  • 最初に、セッションをシステム内のAMPの数に設定する。次いで、セッションの数を減らして実験する。
  • チェックポイントをとる頻度を高くし過ぎない。
  • 可能であれば、NULLIF句、VARフィールドまたは標識ビットを使用しない。
  • 並列FastLoadジョブを実行します。実行できるFastLoadジョブの最大数は30です。デフォルトは5です。(詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。)また、Teradata Viewpointワークロード管理ポートレットを使用してスロットル ルールを定義することで、許容されるジョブの最大数を変更することもできます。FastLoadの詳細については、同時FastLoad、MultiLoad、FastExportジョブの最大数を参照してください。
フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。
FastLoadは以下をサポートしません。
  • HI
  • JI
  • FK
  • SI (USIとNUSIはいずれもサポートされません)
  • LOB
  • 列パーティション化

このユーティリティの詳細については、 <Teradata® FastLoadリファレンス、B035-2411>を参照してください。