17.00 - 17.05 - システム ユーザーDBC - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

システム ユーザーDBCの領域割り当ては以下の目的で使用されます。

DBC領域 目的
PERM Teradataプロダクト データベース領域の所有権を提供します。これは、作成者によって各ユーザーと各データベースに割り当てられた最大領域を格納する必要があります。

割り当てられた領域は各ユーザーが作成したデータ テーブルの行を格納するために使用され、以下の項目が入れられます。

  • プライマリ データ テーブルの行
  • 結合インデックス テーブルの行
  • ハッシュ インデックス テーブルの行
  • LOBおよびXMLのサブテーブルの行
  • セカンダリ インデックス サブテーブルの行
  • オプションの永久ジャーナル イメージの行
  • オプションのフォールバックの行。これは主要データ テーブル、インデックス サブテーブル、ハッシュ インデックス テーブル、結合インデックス テーブル、および永久ジャーナルの行を複製します。
WALログ/一時ジャーナルを作成および保守し、すべての現行セッション内のデータ変更による影響を受けるすべての行の変更前イメージ コピー、およびREDOとUNDOのWALレコードを格納します。
システムのテーブル、インデックス、マクロ、トリガー、およびビューの定義をデータ ディクショナリに保存します。
固定領域を提供します。
  • テーブル ヘッダー。

    実体化された各グローバル一時テーブルについても、そのテーブル ヘッダー用に、含まれているデータベースまたはユーザーの固定領域から最小512バイトが必要です。

  • CRASHDUMPSデータベース。
TEMP 実体化されたグローバル一時テーブルに挿入されるデータに一時領域を提供します。
SPOOL 次の用途で各ユーザーおよびデータベースに定義された最大スプール領域を提供します。
  • 問合わせ処理中の中間結果セットおよび最終結果セットの動的割り当てと解放。
  • 揮発性一時テーブル。