17.00 - 17.05 - ルールの検証 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルに、DBQLロギングが開始したときにDBQLで検証されるルールをリストします。DBQLは、アプリケーション名、ユーザー名、アカウント文字列を確認してルールを検証します。

状況 DBQL の結果
セッションを開始するためにユーザーがログオン ユーザー名、アカウント文字列、アプリケーション名、ゾーンID(セキュア ゾーン システム内で)をルール キャッシュでチェックし、これをディクショナリ テーブルで検索する。
ルール キャッシュ内に一致するものが検出された ルール テーブルの中のオプションに従ってログに記録する。
ルール キャッシュ内に一致するものが検出されない 一致するユーザーまたはアカウントをデータ ディクショナリで検索する。
データ ディクショナリ内に一致するものが検出された ルール キャッシュに1つのエントリを作成し、ルール テーブルのオプションに従ってログに記録する。
データ ディクショナリ内に一致するものが検出されない ルール キャッシュ内に"do not log"ルールを作成するが、ロギングは行なわない。
“WITH NONE”ルールが検出された ルール キャッシュ内に"do not log"ルールを作成するが、ロギングは行なわない。
セッションのアカウント文字列がSET SESSION ACCOUNT文を使って変更されている場合、そのセッションから次の問合わせが発行されるときに、システムはそのユーザーとアカウント文字列に関連付けられているルールを必ず適用します。