17.00 - 17.05 - アカウント文字列変数によるリソース利用データの記録 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザー ログオン文字列のアカウントID部分に置換変数を作成し、DBC.Acctg表にリソース利用データを記録することができます。拡張アカウント列(ASE)変数を使用して、問合わせとAMP使用率をより正確に測定することができます。 容量に関する計画の統計の収集、課金とアカウント処理で使用する情報の収集、およびリソース消費の追跡を行なうことができます。

この変数を使用すると、列に日時の情報を含めることができます。ASEを使用するのが最適です。ASEが始動している場合、Teradata Vantageはアクティブ セッション中に使用されるこの変数に基づいて統計を収集し、情報をDBC.AmpUsageビューの基となるテーブルに格納します。