17.00 - 17.05 - 手動によるDBQLキャッシュのフラッシュについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBQLFlushRateで定義した時間よりも早くDBQLキャッシュをフラッシュする必要がある場合、次のいずれかのアクションを実行します。

  • キャッシュ サイズを小さくします。 DBQLキャッシュ サイズの変更を参照してください。
  • FLUSH QUERY LOGGINGリクエストを発行します。


    ここで、flush_optionには、以下のオプションを指定できます。

    オプション名 フラッシュされるテーブル キャッシュ
    ALL DBQLogTbl、DBQLSQLTbl、DBQLStepTbl、DBQLObjTbl、DBQLXMLTbl、DBQLExplainTbl、DBQLXMLLockTbl、DBQLParamTbl、およびDBC.ObjectUsage
    ALLDBQL DBQLogTbl、DBQLSQLTbl、DBQLStepTbl、DBQLObjTbl、DBQLXMLTbl、DBQLExplainTbl、DBQLXMLLockTbl、DBQLParamTbl
    DEFAULT DBQLogTbl
    EXPLAIN DBQLExplainTbl
    LOCK DBQLXMLLockTbl
    OBJECTS DBQLObjTbl
    PARAMINFO DBQLParamTbl
    SQL DBQLSQLTbl
    STEPINFO DBQLStepTbl
    SUMMARY DBQLSummaryTbl
    USECOUNT DBC.ObjectUsage
    XMLPLAN DBQLXMLTbl
    このリクエストには、以下の特性があります。
    • DBC.DBQLAccessMacroのEXECUTE権限が必要
    • BTET(Teradata)モードのみで有効
    • 複数文のリクエストの一部にはなれない
    • ストアド プロシージャでは使用できない
      このリクエストは、システムの稼働率が高くなく、さらにキャッシュがいっぱいではなくてデータ ディクショナリ テーブルに頻繁に書き込まれる場合に特に推奨されます。 このリクエストは、Teradata動的ワークロード管理ソフトウェアのキャッシュもフラッシュできます。 ここでは、DBQLオプションのみ説明しています。 Teradata動的ワークロード管理ソフトウェアのオプションについては、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。
  • DBQLFlushRateの値をより早い間隔にリセットします。
    また、DBQLFlushRateを変更すると、サマリー/しきい値キャッシュもフラッシュされるため、サマリー/しきい値収集間隔も変更されます。