17.00 - 17.05 - クラッシュダンプのディスクへの保存 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

FTPサービスを使用してクラッシュダンプをTeradataに送信できないが、クラッシュダンプをディスクに保存する必要がある場合は、DULユーティリティを使用します。DULは、個別に注文してインストールする必要がある別個のパッケージです。DULの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

クラッシュダンプ情報は、次の複数の順次ファイルにアンロードできます。
  • AMPからダンプされたデータの行
  • 内部ロード モジュール対応情報
  • Software_Event_LogVからの適用可能な行

メインフレーム システムには、これらのファイルごとに1つのコピーがあります。複数ノードを持つシステムには、クラッシュに関係するノードごとに1つのコピーがあります。

デフォルトでは、クラッシュファイルの名前はCrash_yyyymmdd_hhmmss_nnです。ここで、次のようになります。

変数 定義
yyyymmdd クラッシュダンプの年、月、日
hhmmss クラッシュダンプの時刻(時間、分、秒)
nn クラッシュダンプに関連付けられた連番

BTEQを使用してファイル名を変更できますが、タイムスタンプが重要であることを覚えておいてください。DULの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。