17.00 - 17.05 - ディスク使用率のモニター - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ResUsageとディスク使用率

ResNodeマクロはディスク使用率の平均を秒数でレポートします。

並列ディスクの効率

並列AMPの効率は、必ずしも並列ディスクの効率に一致しません。ResUsageSvdskテーブルおよびResUsageSpdskテーブルを使って、並列ディスクの効率をモニターします。

以下のテーブルは、スキューや不適正な並列性効率を生じる可能性のある一般的な誤操作とその解決策を示しています。

誤操作 解決策
ユーザーがPIを定義しなかった。システムはテーブルの最初の列をデフォルトPIとして使います。 適正なデータ配布を指定してPIを定義します。
ユーザーは、左辺外部結合内のターゲット テーブルのPIとしてnullを使った。 以下のいずれかを実行します。
  • 別のPIを選びます。
  • NULL値を別個に処理します。
  • マルチセット テーブルを使います。
ユーザーが、データの配布が不適切な列に対して結合を実行した。ユーザーの入力例:
SELECT A.colname, B.x, B.y
FROM A, B
WHERE A.colname =
   B.colname;
  • 列値とカウントを確かめます。例えば以下のように入力します。
    SELECT colname, count(*) 
FROM T 
	  HAVING count(*) > 1000
	  GROUP BY 1 ORDER BY 1 Desc;

    以下が表示されます。

    colname   count(*)
codeXYZ    720,000
codeABC      1,200
  • 問合わせを2つのSQL文に分割します。例えば、1つのSQL文ではcodeXYZのみ処理し、その他のケースは別のSQL文で処理します。
  • 結合列で統計を収集します。