17.00 - 17.05 - 手動でのTeradataクラッシュダンプのCrashdumpsデータベースへの保存 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

CSPは、ctlユーティリティのSCREEN DEBUGコマンドによって制御されます。CSPを使用してクラッシュダンプを手動で保存します。

  1. 次のコマンドを送信して、使用可能なローPDEクラッシュダンプを一覧表示します。
    #csp -mode list -source dump
  2. ローPDEクラッシュダンプをDBC.Crashdumpsデータベースにテーブル形式で保存します。
    • クラッシュダンプを保存するためのCSPコマンドの基本的な形式は次のとおりです。
      #csp -mode save -source dump -target stream

      CSPは、ダンプ領域でDMPプログラムによって作成されたファイルを読み込み、それらをクラッシュダンプ データベースに書き込みます。

    • 次のコマンドを使用して、CSPによって検出されたすべてのダンプを保存することもできます。
      #csp -mode save -force
      
      Dump 2007/11/26-09:54:25-01 is about to be saved
      Are you sure? [y,n,q,?] >
      
      A question will be displayed for each dump and the user must answer each one with
      yes,  no,  or quit (individual letters such as y, n or q can be used).
      
      csp: Searching for dumps in configured PDE dump directory on all nodes
      csp: 3 dump found, 3 dumps to process
      
      csp: Saving dump 1998/11/05-18:55:26-24 to table Crashdumps.Crash_200711
      05_185526_24
      csp: Writing data rows for dump 2007/11/05-18:55:26-24
      csp: Dump 2007/11/05-18:55:26-24 saved
      csp: Dump 2007/11/05-18:55:26-24 cleared
      
      csp: Saving dump 2007/11/04-17:37:53-23 to table Crashdumps.Crash_200711
      04_173753_23
      csp: Writing data rows for dump 2007/11/04-17:37:53-23
      csp: Dump 2007/11/05-18:55:26-24 saved
      csp: Dump 2007/11/05-18:55:26-24 cleared
      
      csp: Saving dump 2007/11/04-17:23:27-22 to table Crashdumps.Crash_200711
      04_172327_22
      csp: Writing data rows for dump 2007/11/04-17:23:27-22
      csp: Dump 2007/11/05-18:55:26-24 saved
      csp: Dump 2007/11/05-18:55:26-24 cleared


      SCREEN DEBUG設定でダンプの保存フラグがクラッシュダンプを保存しないように設定されている場合、-forceオプションを使用するとCSPでダンプの保存設定が上書きできるようになります。 例えば次を発行したとします。

      #csp -mode save -source dump -target stream -force

      デフォルトでは、クラッシュダンプは先入れ先出し法(LIFO)の順序で保存されます。最新のクラッシュダンプが最初に保存されます。クラッシュダンプはDBC.Crashdumpsに保存されると、PDEダンプ ディレクトリから自動的に消去されます。

  3. 次のコマンドを使用して、クラッシュダンプがDBC.Crashdumpsに正しく保存されたことを確認します。
    # csp -mode list -source table
    csp: Searching for dumps in Teradata database Crashdumps on the local system
    csp: 1 dump found, 1 dump to process
    csp: Sel  DumpName                Nodes  Event  Instigator       Status
    csp: ---  ----------------------  -----  -----  ---------------  ------
    csp:  *   Crash_20080807_142628_01    1  10196  16384/2/(21600)
    #

CSPコマンドはシステム内のノードから実行できますが、ユーティリティはすべてのノードのダンプ ディレクトリを読み取ります。

CSPコマンドの詳細については、Teradataコマンド プロンプトでcsp -hと入力するか、/usr/pde/lib/defaults/Libcspにあるリソース ファイルを参照してください。