17.00 - 17.05 - アキュムレータおよびピーク値のアーカイブとリセットについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ピーク値とカウント値を追跡することで、システム稼動状況のモニターが可能です。古いデータが不要になった場合は、累積された値を定期的にアーカイブしてリセットする必要があります。

次のテーブルでは、不要になった場合またはアーカイブする際に、削除を考慮すべきピーク値をリストしています
。

リセットの対象 使用するクラッシュダンプのタイプ 詳細および例の参照先
DBC.DatabaseSpaceのピーク ディスク領域値 DBC.ClearPeakDiskマクロ 不定期のハウスキーピング
DBC.Acctg内のアキュムレータ ClearAccountingマクロ DBC.Acctg表内の値の手動消去
次のカウント値、AccessCount、およびLastAccessTimeStampフィールド:
  • DBC.Dbase
  • DBC.TVM
  • DBC.TVFields
  • DBC.Indexes
以下のマクロのいずれか1つ。
  • ClearAllDatabaseUseCount
  • ClearDatabaseUseCount
  • ClearTVMUseCount
使用カウントのリセット