17.00 - 17.05 - 拡張アカウント列の有効化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーがASE機能を始動する前に、そのユーザーとASE機能に一致するアカウント文字列がDBC.UsersVビューに必要です。これは、最初にDBAによって許可されていない限り、ユーザーはASE変数をどのログオン アカウント文字列にも追加できないことを意味します。これにより、ASEを適切に使用できる、またはできないように、ユーザーやプログラマの制御レベルを指定できます。

例えば、ASEを使用できるユーザーを作成するためには、そのユーザーのアカウント文字列またはそのユーザーが使用するプロファイルに変数を定義します。

DBAまたはCREATE USER権限を持つユーザーは、以下を定義できます。

CREATE USER john FROM finance AS PERM = 100000, ACCOUNT = '$H00MSIR&D&H', '$M00MSIR&D&H';

推奨するASE変数の組み合わせは&D&Hですが、他にも時間(&T)とログオンの時間(&L)、またはその組み合わせがあります。 セッション変数(& S)を使用することは推奨しません。 さまざまな変数の詳細については、ASE代入変数についてを参照してください。