17.00 - 17.05 - Crashdumpsデータベースの構成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBC.Crashdumpsデータベースは、システムのインストール時にDIPCRASHスクリプトによって最初にインストールされる内部Teradata Databaseです。Teradata Databaseであるため、固定領域が必要です。領域は他のデータベースと同様に割り当てられて管理され、Teradata DMLを使用して変更できます。

DBC.Crashdumpsデータベースのサイズは構成可能で、利用可能領域と管理優先順位によって異なります。PDEダンプ ディレクトリの大きさが約4~5個のロー ダンプの保持に十分である必要があるのと同様に、DBC.Crashdumpsデータベースの大きさは4~5個のフル クラッシュダンプの保持に十分である必要があります(フル クラッシュダンプは、各ノードからのすべてのローPDEダンプの合計)。

デフォルトでは、データベースはNO FALLBACKであり、AMPがダウンすると、ダンプは保存されません。FALLBACKを指定すると、フォールト トレランスが取得されますが、クラッシュダンプにはより多くの時間とリソースがかかります。

フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。

Crashdumps領域は、DBCの現在のPERM領域から割り当てられます。Crashdumps領域を減らすと、DBCで利用可能な空き領域を増やすことができます。Crashdumps領域を増やすと、DBC領域が減ります。