17.00 - 17.05 - その他の問合わせ調査方法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
問題 アクション
システムのCPUまたはディスクが限界に達しているか、または処理にスキューがある。
  • 物理的なリソース使用率を確認します。

    Teradata Viewpointを使用します。物理リソースをモニターし、ノード別のCPU/ディスク使用率を確かめます。仮想リソースをモニターし、vproc別のCPU/ディスク使用率を確かめます。

    DBC.ResusageSpmaを調べて、CPU、ディスク、およびBYNETの使用率を確かめます。

  • ワークロード使用状況を確認します。

    DBQLを使用して、スキュー処理を実行しているユーザーを見つけます。

  • データ分散を確認します。

    DBC.TableSizeVを使用して、データ分散がスキュー状態のテーブルを確認します。

処理でスキューが生じた場合、ユーザーを確認する。
  • Teradata Viewpointを使用します。
  • DBC.SessionInfoVを調べるか、またはQuery Sessionを実行して現在のユーザーを確かめます。
  • DBC.LogOnOffVを調べてユーザーの履歴を確かめます。
  • DBC.AMPUsageを調べてリソースの多用ユーザーを確かめます。
  • DBC.DiskSpaceVを調べてスプールの多用ユーザーを確かめます。
処理でスキューが生じた場合、問題のある問合わせに関する情報を入手する。
  • 問合わせを確認するには、ユーザーに問合わせるかまたは問合わせログを調べます。
  • 問合わせに対してEXPLAINを実行し、問題のある結合計画があるかどうかを確かめます。想定外の積結合を見つけ出します。小さなテーブルよりも先に大きなテーブルが結合されていないことを確かめます。高すぎたり低すぎたりする見積もりを見つけ出します。