17.00 - 17.05 - マップ再割り当てからのオブジェクトの除外について - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
リストからテーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスを除外して分析して別のマップに再割り当てするには、プロシージャを使用して除外用の空のリストを作成し、それにオブジェクトを追加します。次の例では、DBAが'MyExclusions'という除外リストを作成します。このリストは、データベース'Payroll'のすべてのテーブル、個人用テーブル'Employee.Withholding'、およびデータベース'Taxes'内の名前が'Rate'で始まるすべてのテーブルで構成されます。
CALL TDMaps.CreateExclusionListSP('MyExclusions', NULL, :ExclusionListId);
CALL TDMaps.AddExclusionListEntrySP('MyExclusions', 'Payroll', NULL,:NumObjectsAdded);
CALL TDMaps.AddExclusionListEntrySP('MyExclusions', 'Employee', 'Withholding',:NumObjectsAdded);
CALL TDMaps.AddExclusionListEntrySP('MyExclusions', 'Taxes', 'Rate%', :NumObjectsAdded);

その結果、これらのテーブルはActionsTblで除外としてマークされ、他のAMPへの再配置には含められません。除外されたオブジェクトのリストは、TDMaps.ExclusionLists[V][X]ビューに表示されます。

構文を含むこれらの手順の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数、B035-1210>を参照してください。